■ 超音波洗浄機

ひっさびさの制作関係のお話


超音波洗浄ですが、洗浄液を真空脱気(もしくは真空中)すると洗浄能力が上がるそうです
少し使い古した洗浄液が洗浄力が高いのを実感した事あるでしょうか
多分、ある程度は自然に脱気されているのも関係あるかもしれません
あとは不純物の残留物が超音波を伝わりやすくしているのかの知れませんね
細かいことはメンドーなので調べません

各位さまネット検索でどぞ

仕事上、真空ポンプで脱気する装置を持っているのですが、水の脱気をするとポンプ内のオイルの劣化が早くなりますのであまりやりたくありません
オイルが不透明な感じになったら思いっきり水分を巻き込んでいます
一晩経ったら真空オイルの水抜きをしましょう(豆知識)



んで、ワタクシ達おなじみのこの容器wで
真空容器
脱気をして超音波洗浄機の中に入れたらどうなるかっつー話です

実は超音波洗浄マニアだったりします
あるのかそんなマニア(笑


乞うご期待~

 ■ ミンサー

ミンサーという模様を糸鋸でくり抜いています。
ミンサー 指輪
ケガキ線を引いて地道にくり抜いていくのですが糸鋸の切りくずがケガキ線の上に乗っかると、ひじょーにやりづらい。
息で吹き飛ばしていると、最初のうちはいいんですが、そのうちに頭がくらくらしてきます。



そんな時にはこちら。
フレキパイプ 
これはフレキパイプといいまして、ホームセンターなどで入手可能。

ガスバーナー用のポンプのエアーを二分岐にして一方に取り付けてあります。

 ■ ゴム型用アルミ枠

二液式RTVゴムに使うアルミ枠を自作。
左にあるのが市販品です。
自作アルミ枠 液ゴム用
手前においてある円錐部分が固定していないとなにかと便利。


知らないうちにFC2もツイッター対応になりましたな。

 ■ スカルのペンダントヘッド。

スカルのペンダントトップに石座をつけてみた。
 スカルペンダントヘッドに石座を付けてみた。


石をセットするとこんな感じ。
今回はサファイアをセット。
スカルペンダントヘッドに石座を付けてみた。石をセットするとこんな感じ。
まだこれから火にかけるんで石留めはしてません。

 ■ ゴム型を作る機械が欲しい。

作品のゴム型を作るときに常温加硫シリコーンゴムRTVゴム液ゴムなんて言ったりも。)を使っているのですが意外と高コストだったりする。
材料が高かったり、製作に時間(硬化時間)が長い。
切り裂き強度がないので注意が必要。たまにブチッと切れちゃう。

でも良い面もある。
原型を金属に置換しなくても型が取れたり、
ゴム型としての収縮が少なかったり。
あと、透明なシリコーン使うとゴム切りが非常にやりやすい。
中身見えますし。

コストや時間を考えるとゴム型を作る機械も欲しいなーと思っているのですが
呼称が色々あるんです。

ホットプレスゴム型プレスバルカナイザー
正式には何て言うんですかね?

 | HOME |  »

■ プロフィール

shironisan

Author:shironisan

■ リンク

■ お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ FC2カウンター

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QRコード